デザインプロセス、アイデア発想の所作

私は段どりをするのが大好きで

自分のアイデア発想についても

段どりをしています。

マイナーチェンジや

そのつどイレギュラーで考えることはあるんですが、

現状の基本フォーマットは、このようになっています。




アイデア発想の所作


①ファーストイメージ:テーマに対して何を思うか?
             パッと出てくるアイデアはないか?
             解決すべき課題は何か?

②調査:テーマについて現状を把握する
    ②-1:テーマに関する、歴史、技術
    ②-2:テーマに関する現状商品

③アイデア出し
③-1:素材特性からのストーリー、用途について検討
③-2:自分がみてみたい商品について検討
③-3:素材の使い方やディテールからのスタイリング、用途の検討
③-4:ヒントキーワードからの発想(マインドマップで発想を膨らましつつ、
                    ブロックメモにアイデアを書き止める)  
曖昧な事

排除

逆転

代用できないか

面倒な事

統合

増殖

統合できないか

専用の道具

交換

視覚的な類似関係

応用できないか

ユーモア

簡素・精工

色彩の交換

修正できないか

ストーリー



素材の交換

拡大できないか

カスタマイズ

客観的に

場所の交換

転用できないか

贅沢

肯定的に(ファン)

機能の交換

削除できないか

新しいコンセプト

創造的に

動きの交換

再編集できないか

ずぼらな人のため

直感的に

ディメンジョンの交換



個性

否定的に(茶の間)

異なる要素の融合

維持する

変化



重さの変更

プレセント

※ディメンジョン:寸法、面積、容積

③-4-2:色々な視点(消費者、プレゼント、売れるもの、広告効果があるか、お茶の間)
③-5:利用シーンの動詞からのアイデア検討
③-6:モノリストからのアイデア検討
④:SUCCESsで評価
(単純である、意外性がある、具体的である、信頼性がある、感情に訴える、ストーリー性がある)

⑤:これを繰返す。

注意
・目的と手段を切り離して考える
・色んな角度から物事をみる
・名詞でなく、動詞で考える
・ブレストでは批判禁止、質より量。
・自分の好きな方向に持っていかない
・「売れるもの」を意識しすぎない
・感覚や価値観のイノベーションを。


アイデアアンドデザイン サイト

アイデアアンドデザイン ショップ

このブログの人気の投稿

Rhinocerosに必要なパソコンのスペック

肩から首、後頭部にかけてピーンと痛みがはしる

2015年度、平成27年度 一級建築士製図試験 合格者のエスキスプロセス